2013年01月02日

新潟県の初詣スポット

彌彦神社
彌彦神社.jpg
弥彦山麓に建つ、越後で最も古く格式の高い神社
御祭神は天香山命(あめのかごやまのみこと)で神武天皇の命を受け、住民に海水から塩をつくる技術、漁、稲作といった農耕術などの基礎を教えたとされる。皇室をはじめ、義経・親鸞・芭蕉らが参拝し、上杉謙信は川中島出陣に際し、願文を奉納した。社殿は明治の大火で炎上し、現在のものは1916(大正5)年に再建。平成大修営事業で本殿の御屋根葺替えなどの改築が行われた。

元旦から3日には「夜宴神事」、7日には「弓始神事」が行われる。二年詣り(初詣り)は雪の舞う境内に晴れ着姿の人々が集い、北国らしいムードが漂う。
場所 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
アクセス JR弥彦線弥彦駅から徒歩10分
    北陸自動車道三条燕ICから国道289号を経由し、
県道29号を弥彦温泉方面へ車で13km
駐車場 あり (1000台 無料)
問い合わせ 0256-94-2001 彌彦神社

白山神社
白山神社.jpg
縁結びの神として広く知られる新潟の総鎮守
ご祭神は菊理媛大神(くくりひめのみこと)。「くくりひめ」の「くく」とは、糸をくくるように人々の願いを聞き入れるという意味があり、男女の仲を取り持つ「縁結び」の神さまとして全国的にも有名。また「結ぶ」御力のほか「繁栄」の御力にも優れているといわれ、「家内安全」「家族繁栄」「子孫繁栄」「受験合格」「商売繁昌」「金運上昇」「開運招福」「事業繁栄」など数々のご利益は新潟市内、県内では有名となっている。

例年、三が日の初詣客は約18万人。初詣だけでなく、春・夏・秋祭りにも多くの参拝客が訪れる。 三が日の参拝者数
約18万人
場所 新潟県新潟市中央区一番堀通町1-1
アクセス JR新潟駅から新潟交通バス昭和大橋経由入船営業所行きで10分、
白山公園前または市役所前下車、徒歩すぐ
磐越自動車道新潟中央ICから県道16号・1号を経由し、
県道164号を新潟市役所方面へ車で6km
駐車場 あり (60台 無料 12月31日〜1月10日は駐車不可)
問い合わせ 025-228-2963 白山神社
URL http://www.niigatahakusanjinja.or.jp/ (新潟総鎮守 白山神社)
posted by CURO at 05:04| Comment(0) | 初詣スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。