2012年12月29日

東京都の初詣スポット

東京大神宮
東京大神宮.jpg
神前結婚式創始の神社
1880(明治13)年に伊勢神宮の遥拝殿として創建され、以来「東京のお伊勢さま」ともいわれている。また、万物の結びの働きを司る「造化の三神」を併せ祀ることから、縁結びに御利益のある神社としても知られている。

創建当時は日比谷の地に鎮座していたことから、「日比谷大神宮」と称されていた。関東大震災後の1928(昭和3)年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を「東京大神宮」と改め今日に至っている。
場所 東京都千代田区富士見2-4-1
時間 お守り授与時間1月1日0:00〜19:00、1月2日〜3日8:30〜18:00、1月4日以降9:00〜17:00
アクセス JR中央・総武線飯田橋駅から徒歩3分
駐車場 なし
問い合わせ 03-3262-3566 東京大神宮
URL http://www.tokyodaijingu.or.jp/ (東京大神宮)

増上寺
増上寺.jpg
東京タワーの正面に建つ、浄土宗の七大本山の一つ
東京でも指折りの巨刹で、都心に残る貴重な緑地の中に数多くの伽藍や塔頭が点在している。御本尊は阿弥陀如来像。

1393(明徳4)年、酉誉聖聰上人(ゆうよしょうそうしょうにん)によって現在の千代田区紀尾井町に創建された。1598(慶長3)年、江戸城の拡張のために現在地に移って徳川家の菩提寺として栄えた。また、常時3000名の僧侶が修学する大寺院だったと言う。

元日、午前0時の年明けと同時に1番鐘が鳴り、初祈願が始まる。
場所 東京都港区芝公園4-7-35
時間 参拝時間12月31日終日〜1月1日17:30、1月2日以降6:30〜17:30
アクセス 地下鉄御成門駅から徒歩3分
駐車場 なし
問い合わせ 03-3432-1431 増上寺
URL http://www.zojoji.or.jp/ (浄土宗大本山 増上寺)

湯島天満宮(湯島天神)
湯島天満宮(湯島天神).jpg
学問の神様として受験生に不滅の人気を保ち続ける湯島天神
創建は458(雄略天皇2)年で1355(正平10)年に菅原道真公を祀り、1478(文明3)年に太田道灌により再建。総檜造りの社殿は1995(平成7)年に造営された。境内には天神様おつかいの動物・牛の石像があり、牛の像を撫でるとご神徳を得ると言われている。

道真公は文人からも崇敬され、参拝者に新井白石の名も見える。『婦系図』の舞台として演劇や映画・歌謡曲に「湯島の白梅」の名を高らしめた泉鏡花の筆塚もある。また、境内は広重の『江戸百景』などの画題にもなった。
場所 東京都文京区湯島3-30-1
時間 参拝時間1月1日0:00〜21:00、1月2日・3日6:00〜21:00、4日以降6:00〜20:00
アクセス 地下鉄湯島駅から徒歩2分(1月1日〜3日は規制あり)
     首都高速1号上野線上野出口から国道4号・都道437号を経由し、
都道453号を本郷方面へ車で1km
駐車場 あり (33台 有料 20分200円、1月1日〜3日は駐車不可)
問い合わせ 03-3836-0753 湯島天神
URL http://www.yushimatenjin.or.jp (湯島天神)

浅草寺
浅草寺.jpg
江戸庶民の信仰を集めた観音様は今でも東京を代表する名所
都内最古の古刹。江戸時代に建立された本堂などの伽藍は関東大震災にもびくともしなかったが、東京大空襲でほとんどが焼失。急勾配の屋根が特徴的な本堂や五重塔などは戦後に再建された。大提灯で有名な雷門も1960(昭和35)年に松下幸之助の寄進によって再建されたものだ。

参道の仲見世には名物の雷おこしや人形焼きなどを売る店が軒を並べ、付近には寄席や大衆演劇の芝居小屋が集まる。庶民の信仰と文化の一大中心地として親しまれてきた東京の名所だ。
場所 東京都台東区浅草2-3-1
アクセス 地下鉄浅草駅からすぐ
駐車場 なし
問い合わせ 03-3842-0181 浅草寺
URL http://www.senso-ji.jp/ (あさくさかんのん 浅草寺)

鳥越神社
鳥越神社.jpg
1350年余の長きにわたって下町の変遷を見つめてきた社
651(白雉2)年に白鳥明神として奉祀されたのが始まりで、主祭神は日本武尊。1053(永承8)年、源頼義・義家親子が隅田川を越えられずに困っていたところ、白鳥が浅瀬に舞い降りて渡れる場所を教えてくれた。これは白鳥明神の化身に違いないとして、以後、鳥越神社の称号を授かったという。

元旦0:00から、御神酒、福小判(純金1枚あり)、長寿銀杏、甘酒の頒布が行われる。1月8日にはお飾りを燃やす「とんど焼き」が行われ、この煙を浴びたり、焼いた餅を食べると1年の厄災を祓うことができると言われる。
場所 東京都台東区鳥越2-4-1
アクセス 地下鉄蔵前駅から徒歩5分
駐車場 なし
問い合わせ 03-3851-5033 鳥越神社
URL http://www004.upp.so-net.ne.jp/kab_ra/ (鳥越神社)  

鷲神社(おおとりじんじゃ)
鷲神社.jpg
酉の市でおなじみ。幸せを掻き込む浅草のおとりさま
御祭神は天日鷲命(あめのひわしのみこと)と日本武尊(やまとたけるのみこと)。天日鷲命が諸国の土地を開き、開運、商売繁盛の神としてこの地にお祀りされた。そして後に、日本武尊がここで戦勝を祈願し、願が叶ったお礼参りの際、松の木に武具の熊手をかけたのが酉の市の始まり。

毎年11月の酉の日に開かれる酉の市で授与される「かっこめ」はさまざまな縁起物で飾った熊手で、商売繁昌のご利益があるとして人気がある。境内に並ぶ屋台も楽しみ。

初詣は「浅草名所七福神詣で」や「東京下町八福神参り」で東京下町を巡ってみよう。
場所 東京都台東区千束3-18-7
アクセス 地下鉄入谷駅から徒歩7分
     首都高速1号上野線入谷出口から国道4号線を経由し、
一般道を千束方面へ車で1km
駐車場 あり (50台 無料)
問い合わせ 03-3876-1515 鷲神社
URL http://www.otorisama.or.jp/ (鷲神社)

矢先稲荷神社
矢先稲荷神社.jpg
白髪童顔の長寿の神様、福禄寿を祀る浅草のお稲荷さん
御神像は弘法大師作といわれている倉稲魂命(うかのみたまのみこと)。1642(寛永19)年、三代将軍徳川家光公が浅草に三十三間堂を建立し、その守護神として稲荷大明神を勧請したもの。

三十三間堂では武士たちがさかんに通し矢(定められた時間内に軒下や堂の側面にも触れずに、どれだけ矢を通すかを競う)を行い弓の鍛錬をしていたが、ちょうど矢場の先にこの社があったために矢先神社と呼ばれるようになった。

ちなみに、拝殿の天井画のうち10枚が映画『ラスト・サムライ』の公式ガイドブックに使われていた。
場所 東京都台東区松が谷2-14-1
アクセス 地下鉄田原町駅から徒歩7分
駐車場 なし
問い合わせ 03-3844-0652 矢先稲荷神社
URL http://www.tctv.ne.jp/uma490 (馬の情報館)

白鬚神社
白鬚神社.jpg
隅田川の堤防にほど近い、向島で最も古い社の一つ
主祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)。951(天暦5)年、近江国志賀郡境打颪(現在の滋賀県高島市)琵琶湖湖畔に鎮座する白鬚神社の御分霊としてお祀りしたのが、向島鎮座・白鬚神社の始まりとされる。

1804(文化元)年、福禄寿の像を所蔵する向島百花園主のもとに集っていた文人たちが「なにか正月に楽しみごとはないか」と考え、隅田川界隈から七福神ゆかりの神社を探し出そうという話になった。これが現在元旦から7日に行われている七福神めぐりとなったという。
場所 東京都墨田区東向島3-5-2
アクセス 東武伊勢崎線東向島駅から徒歩7分
駐車場 なし
問い合わせ 03-3611-2750 白鬚神社
URL http://members2.jcom.home.ne.jp/sirahige/sirahige/ (白鬚神社)  

目黒不動尊 瀧泉寺
目黒不動尊 瀧泉寺.jpg
災厄難を除ける関東最古の不動霊場
長い歴史を持つ天台宗の寺。808(大同3)年に慈覚大師円仁が不動明王の夢告を得て、自ら不動尊像を彫刻安置した事に始まる。ご尊像は秘仏として12年に一度、酉年にご開帳される。

江戸時代には徳川三代将軍家光が帰依し、庶民に「目黒のお不動さま」として親しまれ、五色不動の随一として名所となった。毎月28日に行われる大縁日に当時の面影を偲ぶことができる。

十二支による生まれ年ごとの守り本尊、縁結びの愛染明王、山手七福神巡り初めの恵比寿神、サツマイモを広めた甘藷先生こと青木昆陽の墓もある。 三が日の参拝者数

場所 東京都目黒区下目黒3-20-26
アクセス 東急目黒線不動前駅から徒歩15分
駐車場 なし
問い合わせ 03-3712-7549 目黒不動尊 瀧泉寺
URL http://park6.wakwak.com/~megurofudou/ (目黒不動尊 瀧泉寺)

神田神社
神田神社.jpg
通称「神田明神」として庶民に親しまれている古社
730(天平2)年の創建と伝えられ、徳川二代将軍秀忠以降、歴代将軍の尊崇も篤く、江戸の総鎮守として街を見守り続けてきた。ご利益は、開運招福全般・商売繁昌全般・厄除け・縁結び・必勝祈願。境内には絵巻本などを展示する資料館も併設。

2年に一度、5月中旬に開催される神田祭は、日本三大祭りの一つとして有名だ。

大晦日の除夜祭に続き、元旦0:00、1年で最初の神事である歳旦祭が行われる。随神門の開門とともに氏子町会々員と崇敬者の1年間の無病息災・開運招福を祈願する。
場所 東京都千代田区外神田2-16-2
時間 開門時間1月1月0:00〜(随神門)
アクセス JR中央線御茶ノ水駅から徒歩5分
首都高速5号池袋線西神田出口から都道302号・403号を経由し、
国道17号を湯島天神方面へ車で2km
駐車場 あり (40台 無料 正月期間・境内混雑時は駐車不可)
問い合わせ 03-3254-0753 神田神社
URL http://www.kandamyoujin.or.jp/ (神田明神)



次の10件
posted by CURO at 15:50| Comment(1) | 初詣スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手県の初詣スポット

盛岡八幡宮
盛岡八幡宮.jpg
岩手県随一の大社。真新しい大社殿の極彩色の彫刻は必見
華やかに飾り立てた100頭ほどの馬が、シャンシャンと鈴を鳴らし行進するチャグチャグ馬コの終着点がここ。また、手を触れずに魚をさばく神事・包丁式は6月15日に境内の高倍神社で行われる。

1681(延宝9)年の造営以来、藩主から庶民に至るまで広く崇敬を集めてきたが、とくに勝負の前に祈るとご利益があるとして源氏に崇められた。

元旦0:00の太鼓の音を合図に、大勢の参拝客が初詣に訪れる。その人数は例年約20万人以上。色鮮やかな社に手を合わせ新年を迎える。

場所 岩手県盛岡市八幡町13-1
アクセス JR盛岡駅から岩手県交通バス茶畑行きで10分、八幡宮前下車すぐ
東北自動車道盛岡南ICから県道36号・国道4号を経由し、国道106号を神社庁前方面へ車で8km
駐車場 あり (300台 無料)
問い合わせ 019-652-5211 盛岡八幡宮
URL http://www.morioka8man.jp/ (盛岡八幡宮)  

釜石大観音
釜石大観音.jpg
幽(亡き人)明(生きる人)、両界の平和を祈念する観音様
釜石湾を行き交う船を見守るようにして立つ釜石大観音。1970(昭和45)年に曹洞宗石応禅寺により建立され、像高は48.5m。手には魚を持ち、このような観音を「魚籃(ぎょらん)観音」と言う。

像の内部は螺旋(らせん)階段で上ることができ、本尊の三観音をはじめ三十三観音など、拝殿から展望台まで鑑賞どころも多い。どこかの階に一体ずつある七福神の像も探してみよう。

また、元旦には0:40から初祈祷が行われ、大晦日22:00頃から大勢の参拝客が訪れる。
場所 岩手県釜石市大平町3-9-1
時間 拝観時間9:00〜16:00
   (12月31日22:00〜1月1日16:30、2日・3日9:00〜16:30、例年の初日の出時刻は7:00頃)
料金 拝観料大人500円・中高校生300円・小学生100円
アクセス JR釜石線釜石駅から岩手県交通バス上平田行きで16分、観音入口下車、徒歩10分
     釜石自動車道東和ICから県道39号・国道283号・107号・283号を経由し、
     国道45号を観音入口方面へ車で75km
駐車場 あり (150台 無料)
問い合わせ 0193-24-2125 釜石大観音
URL http://www.kamaishi-daikannon.com/ (釜石大観音)

中尊寺
中尊寺.jpg
3000余の国宝、重要文化財を所蔵する天台宗の東北大本山
平安時代に慈覚大師によって弘台寿院という寺が開かれことに始まり、その後奥州藤原氏により多くの寺塔が造営された。平泉文化の頂点に立つ古刹で、現在は世界遺産登録を目指した国内暫定リストに掲載されている。

阿弥陀如来を安置した本堂には、比叡山延暦寺より分灯された法燈の火が1200年燃え続けている。「五月雨の降り残してや光堂」と芭蕉が詠んだまばゆい金色堂は、藤原四代の廟でもあり、棺から発見された副葬品の多くは重要文化財だ。

元旦0:00より先着1万名に福銭(5円玉)が授与される。
場所 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
時間 拝観時間12月31日8:30〜15:00、1月1日0:00〜6:00・8:00〜17:00、2日以降8:30〜16:30
料金 拝観料大人800円・高校生500円・中学生300円・小学生200円※1月1日0:00〜6:00は無料
アクセス JR東北本線平泉駅から岩手県交通バスジャスコ前沢行きで4分、中尊寺下車、徒歩15分
     東北自動車道平泉前沢ICから国道4号を平泉方面へ車で3km
駐車場 あり (600台 有料 1日400円、町営中尊寺駐車場を利用)
問い合わせ 0191-46-2211 中尊寺
URL http://www.chusonji.or.jp/ (中尊寺)

毛越寺  
毛越寺.jpg
往時の繁栄をしのぶ雅な浄土庭園
850(嘉祥3)年、慈覚大師によって開山された。奥州藤原氏二代基衡から三代秀衡の時代には、堂塔40、僧坊500もの伽藍を数え、壮大な規模と華麗を誇った。現在は大泉が池を中心とする浄土庭園と平安時代の伽藍遺構がほぼ完全な状態で保存され、国の特別史跡・特別名勝の二重の指定を受けている。世界遺産登録の前提となる暫定リストにも記載されている。

除夜の鐘とともに参拝客が大勢訪れ、1月1日0:00からは先着1万名に福銭が授与される。
場所 岩手県西磐井郡平泉町平泉大沢58
料金 拝観料大人500円・高校生300円・小中学生100円※12月31日と1月1日のみ拝観料無料
アクセス JR東北本線平泉駅から徒歩7分
     東北自動車道平泉前沢ICから国道4号を経由し、
     県道31号を厳美渓方面へ車で5km
駐車場 あり (300台 有料 平泉町営毛越寺駐車場を利用 300円)
問い合わせ 0191-46-2331 毛越寺
URL http://www.motsuji.or.jp/ (毛越寺)  

posted by CURO at 15:23| Comment(0) | 初詣スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

栃木県の初詣スポット

二荒山神社(栃木県宇都宮市)
二荒山神社(栃木県宇都宮市).jpg
市民の年中行事に必ず登場する宇都宮の心のよりどころ
宇都宮市内の中心部にあり、初詣・節分・七五三など、市民の年中行事には必ず登場し、市内の祭りのほとんどは二荒山の祭りという、まさに町の心のよりどころ。

毛野氏の始祖で、日本書紀によれば第十代崇神天皇の第一皇子とされる豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)を祀っており、代表的な御利益は家内安全。社宝は鉄の狛犬と兜で、どちらも国の重要美術品に指定されている。

三が日の人出は約35万人で、県内各地からたくさんの人が初詣に訪れる。
場所 栃木県宇都宮市馬場通り1-1-1
アクセス JR宇都宮駅から徒歩15分
     日光宇都宮道路宇都宮ICから国道119号を栃木県庁方面へ車で11km
駐車場 あり (300台 有料 20分100円)
問い合わせ 028-622-5271 二荒山神社

日光東照宮
日光東照宮.jpg
国宝や重要文化財が数多く残る荘厳な神社
江戸幕府初代将軍徳川家康公を御祭神に祀り、1617(元和3)年に二代将軍秀忠公によって創建、三代将軍家光公によって大造替された。貴重な美術品や建築物が数多く保管されている。社殿群は世界文化遺産にも登録されており、その建築美は見事。

元日には「歳旦祭」が、2日・3日には「新年献饌祭」が行われ、年始には家内安全をはじめとして様々な祈願をするために訪れたたくさんの人々でにぎわう。
場所 栃木県日光市山内2301
時間 開門時間1月1日0:00〜2:30・7:00〜16:00
アクセス JR日光線日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで7分、西参道下車、徒歩10分
     日光宇都宮道路日光ICから国道119号を経由し、
県道247号をホテル清晃苑方面へ車で3km
駐車場 あり (200台 有料 普通車1台500円)
問い合わせ 0288-54-0560 日光東照宮

鑁阿寺
鑁阿寺.jpg
大日如来を祀る足利家の氏寺「だいにちさま」
1196(建久7)年に源姓足利氏二代目義兼が創建した。寺号は出家した義兼の法号に由来する。堂塔などは三代目義氏によって建立され、それ以来大きな災禍にも遭わず、大伽藍や多数の寺宝、古文書を今に伝えている。堀にかかった瓦屋根の太鼓橋と山門は、足利の代表的な風景である。

お正月中は本堂でお護摩をたいて、一年の無病息災を祈願する。

※現在本堂は工事中だが、お護摩、祈祷などの年中行事は平常通り。

場所 栃木県足利市家富町2220
アクセス JR両毛線足利駅から徒歩10分
    北関東自動車道太田桐生ICから国道50号を経由し、
国道293号を足利市役所方面へ車で9km
駐車場 あり (70台 無料)
問い合わせ 0284-41-2627 鑁阿寺

佐野厄除け大師
佐野厄除け大師.jpg
正月三が日で50万人以上が訪れる年始の厄払いで有名な寺
正式な名称は春日岡山惣宗官寺。944(天慶7)年に奈良の僧・宥尊(ゆうそん)上人が開いた寺で、最初は日本の仏教で最も古い南都六宗の法相宗に属し、後に天台宗の寺となる。現在は通称である「佐野厄除け大師」という名称のほうが有名で、厄除け、方位除けのために、年間を通じて参拝者が絶えない。

1月1日から31日まで、厄除け大師祭が催行され、厄除け、方位除け、交通安全、家内安全などの祈願に大勢の参拝者が訪れる。
場所 栃木県佐野市金井上町2233
アクセス JR両毛線佐野駅から徒歩8分
東北自動車道佐野藤岡ICから国道50号・県道9号を経由し、一般道を佐野駅方面へ車で5km
駐車場 あり (1000台 無料)
問い合わせ 0283-22-5229 佐野厄除け大師
URL http://www.sanoyakuyokedaishi.or.jp/ (佐野厄除け大師)  

二荒山神社(栃木県日光市)
二荒山神社(栃木県日光市).jpg
男体山を御神体山と仰ぐ歴史ある神社
782(天応2)年、勝道上人が男体山初登頂の大願を果たし、山頂に小祠を祀ったのが始まり。東照宮が造られるまでは日光の中心だった。

本社は日光市内、中宮祠は中禅寺湖畔、奥宮は男体山山頂と、主要な建物が各地に分散しており、日光国立公園の中核となる日光連山、華厳の滝、第一いろは坂などを含めて、神域とされる地域は3400haにもおよぶ。御利益としては、金運・幸運、縁結びや安産祈願などが知られている。

1月4日の武射祭で宮司や権宮司によってつかれた餅は「勝ち餅」として参列者に振舞われる。
場所 栃木県日光市山内2307
時間 参拝時間8:00〜17:00、1月1日0:00〜17:00
アクセス JR日光線日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで7分、西参道下車、徒歩7分
     日光宇都宮道路日光ICから国道119号を日光東照宮方面へ車で3km
駐車場 あり (50台 有料 1回500円)
問い合わせ 0288-54-0535 二荒山神社
URL http://nikko.futarasan.jp/ (日光二荒山神社)

日光山輪王寺
日光山輪王寺.jpg
世界遺産にも登録された豪華絢爛な江戸芸術の極み
輪王寺とは、東照宮を囲むように配された数々の建物と、いろは坂を上った奥日光にある別院の総称。大護摩堂には七福神が祀られ、正月限定の七福扇は縁起物として人気。

天へ上るごとく配された4つの門をくぐった山上にある大猷院は、徳川三代将軍家光の墓所。「家康公の廟をしのぐものであってはならない」との命により、東照宮よりも控えめに造られた。普通は南を向いている御本尊も、ここでは「死してなお家康公に仕える」ため東照宮に向けられている。

大晦日には山伏が大護摩を焚き、1年の厄を払って年を越す。
場所 栃木県日光市山内2300
時間 拝観時間8:00〜16:00
アクセス JR日光線日光駅から東武バス世界遺産めぐりで10分、勝道上人像前下車すぐ
日光宇都宮道路日光ICから国道119号を経由し、
県道247号を日光東照宮方面へ車で3km
駐車場 あり (100台 有料 1回500円)
問い合わせ 0288-54-0531 日光山輪王寺
URL http://www.rinnoji.or.jp/ (日光山輪王寺)

大前神社  
大前神社.jpg
高さ20mと日本一の大きさを誇る恵比寿様がシンボル
1500年ほどの歴史を持つ古社で、本殿の彫刻は実にカラフル。「日本一えびす様」は1989(平成元)年に鎮座されたもので、全長5mの金の鯉を抱いている。この台座の部分に恵比寿神社があり、中に御祭神が祀られている。

両脇にある「だいこく柱」と「えびす柱」で、自分の体の悪いところをなでると御利益を受けられるという。また鯉の石像占いも人気だ。真鯉を3回なでてから目をつぶって緋鯉に手を触れ、どの部分に手が触れていたかで吉凶を占うもの。

お正月には、新年の初祈願に大勢の参拝客が訪れる。
場所 栃木県真岡市東郷937
アクセス 真岡鐵道北真岡駅から徒歩13分
北関東自動車道真岡ICから国道408号・県道47号を経由し、
県道61号を益子町方面へ車で7km
駐車場 あり (200台 無料)
問い合わせ 0285-82-2509 大前神社
URL http://www.oosakijinja.com (大前神社)  
posted by CURO at 17:34| Comment(0) | 初詣スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。